column



1人じゃ上手くいかない
方のためのダイエット
10日間無料体験できます



Yuri's Beauty Column -No.1-
[★ホームカラーとサロンカラー+α]

なさんこんにちわはじめましてYuriです
 
BFモデル兼美容コラマー(ん?)として頑張っていきたいと思います
 
どうぞよろしくお願いします
 
てさて記念すべき第1回目のコラム
 
テーマは,男女関係なくするものです
 
やお洒落に必須なカラーリング★
染めてる方も多いと思います
め方はサロンでだったりホームカラーだったり若白髪にお悩みだったり...それぞれだと思いますが今回はサロンとホームカラーのメリット,デメリットについて比較してみたいと思います
 
 
 
 
サロン
 
メリット
*色味が多い
 
*塗布ムラになりにくい
 
*美容師さんがお客様に似合う色を提案できる
 
*ダメージレス(微アルカリ)での施術が可能
 
*ハイライトやローライトなどの美容師さんの技術をいかせる
 
デメリット
 
*技術料も加わりトータルコストが高い
 
 
 
 
ホームカラー
 
メリット
*薬剤の粘性が柔らかく一人でも塗布しやすい
 
*トータルコストが低い
 
*手軽
 
 
デメリット
*痛みやすい。
なぜならカラーの知識が乏しい素人でも染められるようにできているため薬が強い。
 
*色が抜けやすい。
カラーは髪の表面のキューティクルを開いていれるもの。ホームカラーだと染めた後開きっぱなしのキューティクルを処理することができないためそこから色が抜けやすい。
 
*微アルカリなどの薬剤がなく毛先のダメージが進行してしまう。
 
*色味、トーン幅がサロンカラーに比べて圧倒的に少ない。
 
*補色が入っていないためイメージ通りには染まらない。
補色とは...その色味をカバーする色。例えば黄色味が強い髪色を普通の茶や赤味がある色に近づけたい場合には紫味をのせてカバーする。絵の具を想像するといいかも
 
 
うメリットとデメリットを書きましたが,やはり細かいことがわからない素人側としてはコストを第一に考えることが多いのではないでしょうか?
ですが髪のためにもサロンでカラーリングすることを心がけたいものですね
 
 
してもうひとつ,私的素朴な疑問コラムを。
 
い世代の私たちには疎遠な白髪染め
私たちがしているいわゆるファッションカラーとは何が違うのでしょうか?
美容師さんに聞いてみました。
 
**白髪は普通の髪より色が入りにくいため,白髪染めは強くつくられています。(だから手についたりすると大変なんだとか)なので髪が傷んでバリバリの方が多いんですよ。
 
私,ホームカラーはサロンでのカラーより3倍傷むと小耳にはさみました。
それはファッションカラーでのお話なので市販の白髪染めは恐ろしい程傷むのでしょうか
 
是非これを読んだみなさんはおばあちゃんの髪の毛に気を使ってあげてください
 
 
第一回目のコラムいかがでしたか?
つたないコラムですが,みなさんの美容に役立てるように頑張りますので愛読していただけると嬉しいです
Yuriでした


<< TOP || NEXT >>


- mono space -